新着ブログ

2017年6月18日日曜日

さんりく基金、補助金決定!!

5月はじめに今年の地域づくりなどについて話し合い、
該当しそうな補助事業を探して申請することにしていました。

そして、その中から「さんりく基金」にチャレンジすることに。
5月25日付けで、事業名「小さな地区の大きな挑戦!」という題を付けて申請しました。
正直なところ、採択されるかどうかは、半信半疑という感じでした。
(さんりく基金への申請書)

昨日(6/17)、「おすぱらぐ20号」の編集会議を開催することで、
皆さんに集まってもらいましが、
根木地正富団長の手には1通の封書。
(宛名は、根子地になっていましたが、ご愛敬。無事届きました(笑い))

よく見ると差出人は、「さんりく基金」。
思わず出たのが「はずれの通知」という言葉。
恐る恐る開けてみると、
な、何と、6月16日付けで採択決定、それも満額100万円の補助。
(補助事業採択決定通知書)

集まって来た人たちと喜びながらも、皆、反面、緊張も。
計画されている研修会やアンケート調査、
明戸を紹介する映像など、真剣に取り組まなくてはなりません!


2017年6月11日日曜日

明戸の蛙の危機???

前回もお話ししましたが、
かもめ(ウミネコ)が明戸の田んぼに、
毎日、飛来しています。

数は、一団体(?)約40~50羽。
オタマジャクシを食べているらしく、
田んぼを集団で渡り歩いています。

比較的、海に近いところばかりと思いきや、
沢の一番奥の田んぼまで、
もれなく行っています。

このままオタマジャクシが食べられて減れば、
明戸で蛙の鳴き声を聞かれなくなす可能性も。

動物の本能で、
海の波間で餌を探すより、
田んぼの方が、
安全で楽なのでしょうね。きっと!

しかし、文責者の、春から夏にかけての楽しみが、
失われてしまう危機です。
大丈夫でしょうか・・・・?




2017年6月9日金曜日

今日は、花植え!

例年、6月になると村内どの地区でも、
いっせいに花壇の花植えがあります。

今年はそれが今日で、
明戸の担当班は、我が3班(下(しも)の班)。
作業は9時からということでしたが、
皆、8時過ぎには集合。
プランターの草取りから土の手入れと、
いつもながら手早く作業し、
花が到着するまで若干の休憩と、
近頃の情報交換などなど。
地区の職場に勤め人の文責者として、
貴重な、楽しい世間話の時間となりました。

その中で今年の変わった情報として、
かもめが田んぼに大挙して飛んできて、
何かを食べているのか、
とにかく朝夕にやって来る、
これまでにない現象のこと。

いろいろ考えますが、
「ついに、あのでっかい太平洋に、
餌となる魚がいなくなったのか??」
というような単純なことしか思いつかないのですが。

鴨のように田の草でも啄ばんでくれるとありがたいかな~?
『かも』と『かもめ』。
一文字増えただけですが、
その目的は大きく違うのでしょうか・・?


2017年6月5日月曜日

熊が出没しています。

各地で熊の出没や被害が報道されています。

ここ明戸も例外ではなく、
4月以降、冬眠からお目覚めの熊さんが、
数件の倉庫に入って、
米や米ぬかを食い荒らす、被害が出ています。

被害のあったお宅の周辺には、
写真のような真っ黒な大きな異物?
そうです。「糞」。
堅そうで、少々の雨では流れない感じです。

他の地区では、捕獲許可を取って駆除したりしていますが、
明戸地区の神社はご承知のとおり「熊野神社」。
そのこともあり、駆除には消極的な考え方が主流です。

あとは、餌となる食べ物をなるべく熊から遠ざける工夫など、
自己防衛で対処するしかありませんが・・・。

彼らの野生の勘は流石と言うべきか、
おいしく稔って食べごろと人間が思うと、
その晩には熊がぺロリ!ということも日常茶判事の様です。

しかし、子供のころは、
こんなに熊が出るというのは、
聞いたことがなかったように思います。
増えた?出没が多くなった原因は、
諸説ありますが、
文責者では正確なところは、未だ不明です。




2017年5月21日日曜日

田植えも終盤。

明戸で春の農作業の代表的なものと言えば、田植え。
今年は、早い方で、ゴールデンウィーク中に完了。
多くの方が、第2周から第3週にかけての田植えとなりましたが、
今年は3日間程は雨で作業が出来なかったようです。

多分、こちらのお宅が地区内、最終盤かなと思います。

早朝5時から3時間ほどかけて3反余りの水田に、
丁寧に田植えをしていました。
茶色いから、どんどん緑色に、
そして秋の黄金色へと想像が広がります。

明戸の沢も深い緑の季節です。




2017年5月6日土曜日

今年の地域づくり活動協議

5月に入った2日、今年の地域づくり活動について協議を行いました。
その中では、出席者が思ったり考えたことのある事業などの話しや、
地域の現状、将来の展望など、
皆、それぞれの思いがあるな~!と感じました。
(普段考えている話しが出されました。)

例を挙げれば、
地域の生産物を使った農家レストランオープン、
有名アーチストの屋外コンサート開催、
農地集約による農業機械の活用や耕作体系などなど・・・。

まず今年は、
地域の季節の様子を映像で残すとか、
それに伴う研修会の開催などを目指し、
支援補助事業を探し、応募することにしました。

2017年5月4日木曜日

旧羅賀小学校の桜、満開です!

明戸地区の人が通学していた羅賀小学校。
その校庭の西端に1本桜。
いつの頃からあるのかわかりませんが、
毎年、きれいな花を咲かせ、
時には子供たちの木登りの相手をしたり・・・。
(文責者、実は、登ってました。)

そして、今年も変わることなく満開です。


小学校も閉校しすっかり周りも様変わり。
地面も硬く、根元を車が通行したりと、
環境は厳しくなっているように感じますが、
卒業生としては、
元気な姿を観ると、ホッとします。