新着ブログ

2018年1月28日日曜日

ありがたし、ありがたし。黒森神楽!

昔から厳冬のささやかな楽しみといえば「廻り神楽」。
隔年で大宮神楽(和野神楽)と宮古の黒森神楽が、
交互に各地区に廻って来ました。

(お迎えした権現様)
公民館がなかった頃は、
個人の家を会場に夕方舞いこみ、
夜中まで神楽を舞って、
翌朝次の集落へ舞い立って行くという感じでした。

今は、車の普及やそれぞれの職業、生活形態の変化もあり、
日中に舞いこみ、公演、そして終われば舞い立ちという、
「昼神楽」が多くなってきているようです。

その黒森神楽が6年ぶりに今日舞いこんで来たのであります。
(舞いこみ、まずは地区の氏神様の方向へごあいさつ)

(しっとぎ舞い)

(おまぶりのしっとぎを女性は額に、男性は鼻に)

(まずは清祓)

(怖い中にもユーモアのある大蛇退治)

(愉快な狂言 伊勢参り)

(兄弟で行ったという揃った松迎え)

(力のこもった山の神)

(見事に松を表現 松づくし)

(御目出度い 恵比寿様)

(節分豆まき 鬼が豆まきです)

(現代風な取り込みお面も)

(熱演も幕をまくり揚げ終演)

(権現様で舞い立ち前に地区の皆さんの厄祓い)

(権現様の舞い立ち)

テレビなどに出てくるスターのような派手さや華やかさはないのですが、
いつまで見ていても飽きることもなく、
どこか心を洗われるような気がします。

これで天下泰平、豊年満作、大漁間違いなしです!!



2018年1月16日火曜日

小正月、ミズキ団子飾りました!

昨日は小正月、
そして今日は16日で閻魔さまの仕事始めの日ですが、
14日には早朝から公民館に集まり、
家内安全、五穀豊穣、無病息災を祈願して、
ミズキ団子を作りました。

さすが、皆さん手慣れたもので、
それぞれの役割を手際よく進めて、
1時間余りで立派に出来あがりました。
粉をこねる役です
団子に丸める役です
ミズキに飾る役です

団子作りが終わると、
いつものオプションおやつも作り、
ワイワイ賑やかにいただきました。
おやつのひゅうじ作りも手慣れてます


2018年1月3日水曜日

平成30年、スタートしました!

皆様、新年明けましておめでとうございます。
穏やかなに30年がスタートした明戸です。

昨年は、田畑、海、山と不作、不漁の感じでしたが、
今年は、その反動で豊年、大漁になる予感?
希望も含めてそうあって欲しいと願うばかりです。

新年ももう三が日が過ぎ、
明日からは仕事が始まる人も多いのではないでしょうか?
小生もその1人ではあります。
気持ちを新たに何事にも取り組んで行きたいと思っております。が・・・

さて、意外と正月は忙しくて、
1日は、朝からイルミネーションの片づけ、
その後は、地区の氏神様である熊野神社参詣。
2日は、10時前から地区の新年会。
(新年の挨拶と、乾杯!)

(カラオケが始まれば合わせて踊りも・・)

(新年からマツタケとマツモの八杯汁)

そして、今日3日は、その二日酔いをさましつつ喧嘩をしながら(苦笑)若干の家庭サービス!

ところで個人的には正月といえば、初日の出ですが、
1日は雲があり見ることはできず、
2日は、寝坊(二度寝)で見ることができず(出たかどうか?)
やっと今日、雲の上からでるお天道様を見ることができました。
(変わらず、きれいな日の出です)

今年も、お天道様お世話になりま~す。パン!パン!
その他、いくつかお願いも。

あっ~と!そのとき西に目を向けたら、
まん丸のお月様が。
夜を照らしてくれてありがとう。。
(ウサギが餅つき、見えますか??)

まずはともあれ、自身も含め周りの方々、すべての方々が、
平穏、健康で過ごせますように。

2017年12月18日月曜日

元気がでる講演会と食の文化祭。にぎやかに開催!

昨日(12月17日)、
さんりく基金の支援による「元気がでる講演会と食の文化祭」を、
にぎやかに、そして盛大に開催しました。
(看板も掲げれば、自然と雰囲気も高まります)

田も山も畑も、そして海も、
不作、不漁の年となった年の瀬。
何となく気分、雰囲気も沈みがちでしたが、
この気持ちを新しい年に持ち越さないように、
各自料理に腕をふるい、会場準備と、
力を合わせての開催です。
そのかいあって、会場には50人以上の地域の人が集まりました。
明戸の人口が90人ちょっとですから、
多分、近年これだけの老若男女の人が一堂に会すのは、
なかった気がしています。

まず元気がでる講演会では、
意外とまじめに、
地域包括支援センターの保健師さんから、
全員が血圧を測ってもらったり、
どこでもできる健康体操、
体のために普段気を付けるミニ講話。
(右はグーで、左はパーで・・・)

その次は、地域づくりについて、
内閣府地域活性化伝道師の志村さんから、
楽しく分かりやすい講演、
(繋がりが大事ですよ~)

そして、時折、民謡や踊りなどのアトラクションを織り交ぜ、
これまでにない盛り上がりとなりました。
(会場も一緒となって謡ったり、手拍子したり)

イベントの最後は、
地区の方々のそれぞれ自慢の料理を展示、
それも予想を上回る20数点も出品していただきました。
(数日前から準備)
(見栄えとは裏腹に、かなりしょっぱいとの噂)
(大鍋は、定番、煮しめ。2日掛かりで煮込みました)
(得意のお餅をつく人)
(豆腐田楽を焼く人)

そして、バイキング方式でみんなで試食?
お腹一杯いただき、笑顔、笑顔で終了することができました。
(写真手前は、出品された料理。バイキング方式で、ゴチになりました)

改めて明戸の皆さんの協力体制と底力を、
再認識した1日でした。



2017年12月3日日曜日

今年のイルミネーションは?

今年も残すところ1か月余り。
カレンダーも最後の一枚になり、
今更ながら、「1年が、はや!」

最終の、この12月は、いろいろやることが多い月。
その中の一つがここ数年恒例のイルミネーションです。
今年は何時もより早く準備ということで、
今日朝8時から夕方4時過ぎまでかかり、
何とかセットすることが出来ました。
(事前に星を作って持って来た人も)

また、いつも感心することは、
皆それぞれ準備のための道具類を持ち寄り、
簡単な打ち合わせで作業できること。
(それぞれ手際よく作業、もうすぐ完成)

内容はというと、前より少しづつ変化をつけつつ、
あるものを有効に使うという原則のもとに進めました。

正式な点灯は、
10日ぐらい先になる予定です。
(今年は、こんな感じです)

2017年11月21日火曜日

あ~!来た来た来た~~!!

冬に向かっているとは言いつつも、
何と無く油断していた朝。

来た、来た、来た~!
目が覚めると薄ら雪が!
道路も凍ってる感じです。
ついに明戸にも本格的な冬が来たようです。
(薄ら真夜中の雪、道路も凍ってます~)

文責者の個人的な「明戸アメダス寒暖計」も、
マイナス2度?3度?
(今シーズンは何度まで下がるの?)

どんどん気温も下がり、
1月末から2月はマイナス10度前後になる予想です。

しか~し、これも春になる通過点。
12月の冬至を過ぎれば陽が長くなります。
明るい希望が湧いてくる気がします。


2017年10月29日日曜日

鮭、帰って来ました!

10月も末になります。
秋も深まり、冬への備えを始めなければならない時季です。
とはいっても文責者は、
何を準備するでもなく、車のタイヤを冬用にj交換するぐらいでしょうか。
(道路脇の紅葉も、散り始めています。)

そんな中、今朝は、村内各地区で一斉清掃が行われました。
道路脇や川の周辺など各班の担当範囲のゴミ拾いをしました。
その作業中に、川から「バシャ!バシャ!」という音が。
よく見ると、鮭が数匹産卵のため帰って来ている音でした。
多分この鮭は、震災で壊滅したふ化場を再建し、
4年前、震災後に初めて放流した鮭だと思われます。
確か、安倍総理も明戸で放流していただいたと記憶しております。
(4年前に総理が放流した鮭?かも・・・)

鮭の回帰率は、ふ化放流数のおよそ1%と言われますが、
そうすると、この帰って来た鮭は、
想像もつかない苦難を乗り越えて生き延びた、
スーパーエリートなのかも知れません。

しかし、そう考えると、田舎から都会に行った方々のふるさと回帰率は、
鮭より厳しい、奇跡に近いものがあるのかな~?
せめて、鮭より高い2%目標での回帰いかがでしょうか!